読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴルってどんなとこ?

青年海外協力隊(JOCV)小学校教育での奮闘記

教育局セミナー:日本の図工教育における鑑賞の意義

最近やっと夏らしくなってきました。

やっぱり夏はいいですね。モンゴルの自然を楽しめる季節です。

 

さて教育局で定期的に月1回行っているセミナー

今年度最後になりました。

(モンゴルの学校は5月で学校は終わり)

 

今回は「日本の図工教育における鑑賞活動」について話しました。

f:id:mongolia28:20170523184326j:plain

 

モンゴルの図工では「今日は馬を描くわよ。こうやって描くのよ〜」

さながら、絵画教室です。

でも、日本の小学校の図工の目標は以下の通り

表現及び鑑賞の活動を通して、感性を働かせながら、つくりだす喜びを味合うようにするとともに、造形的な創造活動の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養う。

 

つまり、表現する活動と鑑賞する活動は相互関係にあると言えます。

 

では鑑賞では何を大事にしたいか。

1.よく見る

2.感じ取る

 

そこで子供に「よく見なさい」と言っても当然のことながら見ません(笑

なので、こうした活動はどうですか?と実際にやってみました。

 

f:id:mongolia28:20170523184327j:plain

 

そして、鑑賞で大事にしたいのは認め合うこと。

最後に、自分が描いた絵を同じグループの先生たちが付箋にコメントを書く活動をしました。付箋にびっしり書かれた自分の絵の評価をしげしげと見る。

やっぱり、自分の描いた絵を認められるって大人でも嬉しいですよね。

 

最後のアンケートでは

・日本の教育では子供を認めることを大事にしている。

・一人一人の考えや発想を大切にしている…等

 

ちょっとでも、伝わったならば良かったかなと思います。

(これを実践するにはまた別の問題がありますが…)

 

セミナーは90分あります。

後半45分は同任地の小学校教育隊員が算数の内容を行いました。

f:id:mongolia28:20170523184404j:plain

 

本の学校では、何気なく子供の発達段階に応じた授業。

でも、それはモンゴルではなかなか難しいです。

f:id:mongolia28:20170523184355j:plain

その原因の1番は教科書だと自分は思っています。

日本の教科書は、発達段階と系統性が緻密に作られています。

(教科書に載っている単元の順番などで議論になることも…)

そうした中で、教員は教科の系統性を実践しながら学んでいきます。

本当、教科書会社、教材会社の方には頭が下がりますし、一緒に連携してやっていくべきだなと改めて思いました。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

高校生たちの熱き戦い

体育の先生から「今度ЦэрэгのТэмцээнがあるから、一緒に行こう」と言われました。

Цэрэг:兵士、軍 

Тэмцээн:大会

なので、直訳すると軍事大会という感じでしょうか?

 

朝9時に地域の広場に行きました。

この日は曇りで、とても寒い!日本の冬のようでした。

 

高校生たちが軍隊の格好をして大会が始まるのを待っています。

f:id:mongolia28:20170515115257j:plain

これは、高校生が軍隊の競技で競い合う大会のようでした。

 

県内の他の学校も参加していました。

ただし、全校ではありません。

f:id:mongolia28:20170515115307j:plain

来ている服もそれぞれですね。

 

生徒たちが持っているものは、木でできた銃。

銃の扱い方の競技もあるみたいです。

f:id:mongolia28:20170515115312j:plain

 

Дөлとは、炎という意味がありますが、他にも軍隊を表すそうです。

f:id:mongolia28:20170515115319j:plain

 

本物の軍人さんが「エイエイ!」と日頃の訓練成果を披露してくれました。

いやぁ、鍛えてるなぁって感じでした。

f:id:mongolia28:20170515115333j:plain

 

生徒たちの競技が始まります。

体操の競技。

f:id:mongolia28:20170515115328j:plain

 

負傷者対応の競技

f:id:mongolia28:20170515115509j:plain

 

ガスマスク速着用の競技

f:id:mongolia28:20170515115628j:plain

 

銃の競技(もちろん実弾ではなくBB弾のようなもの)

f:id:mongolia28:20170515115524j:plain

 

集団行動の競技

f:id:mongolia28:20170515115601j:plain

 

試験官から問題を渡されて…

f:id:mongolia28:20170515115637j:plain

 

全員で協力して、問題を解く競技

f:id:mongolia28:20170515115701j:plain

 

腕立て伏せ、腹筋の競技

f:id:mongolia28:20170515115658j:plain

 

歌、音楽の競技

f:id:mongolia28:20170515115718j:plain

 

そして結果は…

f:id:mongolia28:20170515115723j:plain

3位銅メダルでした!!

 

生徒たちは、とても悔しそうでした。

「来年も出たい!」という子も。熱いな!

 

Дөл тэмцээн はこんな感じの大会でした。

f:id:mongolia28:20170515115729j:plain

 

 日本でこんな大会を開催したら、大騒ぎになりそうだな…と思いました。

こうした大会を開催することは「野蛮だ〜」と果たして言えるのだろうか。

知力・体力を常に鍛錬して、自国を守るってとてもカッコイイことだし、素晴らしいことだよな〜と改めて思いました。

こうした大会に参加した高校生たちも、とても頼もしく見えました。

日本も目を背けずに、しっかりと向き合っていかなければいけないことがあるのではと感じた1日でした。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

モンゴルの春

モンゴルの春は「日本の三寒四温を激しくしたバージョン」と聞いていましたが、いや本当に激しかったです。

20℃代まで上がる日があれば、次の日は雪が降っていたりと…

また、風が暴風のように強く、砂嵐が…

f:id:mongolia28:20170515112518j:plain

こりゃ、春が嫌いな理由もわかります。

 

でも、晴れた日の週末は外でご飯を食べると気持ちがいいです。

f:id:mongolia28:20170510124534j:plain

任地の隊員と一緒に、近くの草原でピクニックです。

 

f:id:mongolia28:20170510123827j:plain

それぞれ、弁当を作って持ち寄りました。

 

f:id:mongolia28:20170515112609j:plain

先輩から譲ってもらったカセットコンロで、コーヒーも淹れらます。

 

2人用のテントも貰い物。最高でした!

f:id:mongolia28:20170510124531j:plain

のんびりと休日を過ごしました。

 

そして、暖かくなって来たので思い切って自転車も買いました。

中国製です。

サドルは硬いし、ハンドルのグリップは痛いし、ギア比は合ってないし…

最悪ですが、でも自転車は楽しいです。(はやく、日本に帰ってロードに乗りたい)

f:id:mongolia28:20170515112556j:plain

乗れる期間は、ほんと短いけれど徒歩では遠い場所まで行けるようになりました。

 

チョイバルサンにあるあると言われていたけれど、実際は行ったことのなかった駅を目指します。

f:id:mongolia28:20170515112516j:plain

 

おそらく駅舎と思われる建物。

f:id:mongolia28:20170515113328j:plain

 

営業はしていませんでした。列車が来る曜日が限定されているのでしょう。

また、リサーチしてから来たいと思います。

f:id:mongolia28:20170515113339j:plain

 

冬の間は、活動先と家を往復するだけでしたが(寒すぎて…)

これから夏に向けてモンゴルの色々な新しい一面を感じていきたいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

北の国から

任地の大学で活動している隊員の紹介で、チョイバルサンの田舎に住んでいるというモンゴル人と知り合うことができました。

「田舎に遊びにおいで」

 

ということで任地の隊員全員(5人)でお邪魔しました。

 

任地のチョイバルサンから車で走ること3、40分。

周りは、何もなくただただ草原が広がるだけの場所に、ポツンと建物が!

f:id:mongolia28:20170510122812j:plain

 

その方のご自宅で、何とすべて自分で作ったそうです。

こりゃ、モンゴル版「北の国から」の黒板五郎か…

f:id:mongolia28:20170510123415j:plain

 

敷地内には、ビニールハウスがあり、とても暖かい!

f:id:mongolia28:20170510122326j:plain

 

ここでは、野菜の苗を育てているとのことでした。

f:id:mongolia28:20170510122423j:plain

水やりをお手伝いします。

 

温度管理もしっかりしているそうです。

f:id:mongolia28:20170510122618j:plain

毎日記録をして、FacebookにUPしているそうな。

 

別のビニールハウスは、小さな畑になっていました。

f:id:mongolia28:20170510122934j:plain

 

外にも、畑があります。

f:id:mongolia28:20170510123034j:plain

夏になり、気温が上がったら外にも植えるそうです。

 

このモンゴルの五郎さん「人間らしい生き方」をしたかった。

ということで、このような生活を始めたそうです。

 

それまでは、アメリカやドイツをはじめ各国で仕事をしていたそう。

英語、ドイツ語、ロシア語、モンゴル語が喋れる国際的な方でした。

 

お昼もご馳走になりました。

f:id:mongolia28:20170510123157j:plain

 

そして、話を聞いていくと「学校を作りたい」という計画を持っているそう。

・モンゴルの子供達は自然に恵まれている。

・そうした自然を通して学ぶ教育こそが本当の教育だ。

・黒板を使って野菜の育て方を学ぶことはできない。

・家畜の数を数えたり、生活中で必然的に数の概念を学んでいく。

・子供が学びたい気持ちを大事にして、いつでも大人が手を差し伸べる。

 

f:id:mongolia28:20170510123309j:plain

何とも壮大な、素晴らしい教育感だと思いました。

まさにデューイの経験主義的教授理論に基づいた教育感です。

しかし、それを実現するには様々な問題があって難しいですが、しがらみの少ない個人の学校ならば可能かもしれません。

ぜひ実現してほしいと思いました。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

春休み期間放浪 in タイ

協力隊には、それぞれ任国ごとに行ける海外が制限されています。

モンゴルの場合行ける国、地域は…

ロシア、中国、香港、タイ、マレーシア

(少なっ!)

 

そして、年間で任国外へ行けるのは合計で20日間。

その期間を利用して日本に帰る人も結構います。

(でも、日本は任期中1回しか行けない)

 

今回は、この任国外制度を利用して同期3人と一緒にタイへ行きました。

「やっぱり海外旅行ってワクワクするね」

(って、モンゴルが海外だと言うことを忘れているかのような発言をして笑いました)

f:id:mongolia28:20170427172504j:plain

 

 

 

実はタイは今回で3回目です。

が、何度行っても「イイ!」と思わせてくれる国、それがタイです。

 

今回は、訓練所の同期隊員もちょうどバンコクにいると言うことだったので、再会することもできました。

 

海外に住んでいる目から見る海外

 

今までは、日本に住んでいて海外へ行っていたので「日本と海外」の比較ですが、今回は「モンゴルとタイ」と言う「海外と海外」の比較の視点で見ることができて、おもしろかったです。

 

例えば、日本人にとってどれだけ住みやすいか…

1.買い物編

数日の旅行なら何とかなりますが、住むとなると日本のものが恋しくなりますね。

そこで、こんな日本のスーパーと遜色のないお店があったら最高です。

f:id:mongolia28:20170427172826j:plain

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

日本に帰ってきたのでは?と錯覚してしまうほどの品揃え。

 

f:id:mongolia28:20170427172822j:plain

納豆の種類もこんなに!!

とにかくここのスーパの品揃えには、驚きました。

モンゴルに帰国する直前に、ここで買い出しをしたのは言うまでもありません。

 

2.外食編

居酒屋横丁?

f:id:mongolia28:20170427172526j:plain

一瞬、タイにいることを忘れる。。残念ながら、時間外で入れませんでした。

それにしても、街中に普通に日本の居酒屋チェーン店があります。

 

あの味が懐かしくなったらここへ!

f:id:mongolia28:20170427172515j:plain

 

寿司のレベルも高い!

f:id:mongolia28:20170427172619j:plain

ここで食べた寿司は、日本で出しても絶対人気が出るだろうと思うくらいのクオリティです。特に炙りエンガワはメチャクチャ美味い!

思わず「エンガワありがとう!」と同期のKちゃんは言ったそうな。

 

ここのラーメンもレベルが高い!

f:id:mongolia28:20170427172806j:plain

なんでこんなに美味いものがあるんだ…

と、ただただため息が(笑

 

もちろんタイ料理も

f:id:mongolia28:20170427172718j:plain

タイの屋台の料理も美味しい!

袋に入れて、持ち帰るタイ人も結構いました。

こんなに安くて、美味しくて、種類が豊富にあったら家で作らなくても仕事帰りにサクッと買って帰れるな〜

 

タイはモンゴルと比較すると、やっぱり食材の種類が豊富です。

f:id:mongolia28:20170427180033j:plain

f:id:mongolia28:20170427180036j:plain

その国で手に入る食材と食文化は関係していますよね。

 

 

3.人

もう3回目なので、新鮮さがあまり無いかなぁと思っていたけれど…

ドッコイ

とにかくタイの人は優しい!ということを痛感しました。

f:id:mongolia28:20170427175953j:plain

みんなニコニコしているし、仕事が楽しそうです。

f:id:mongolia28:20170427180106j:plain

屋台のおばちゃんもカメラを向けると、ニコニコしながら応えてくれます。

本当にいい人ばかりでした。

 

日本でも「オモテナシ」が一時期流行りましたが、日本のオモテナシは義務感というか、表面的?

でも、タイの人たちは本当に笑顔で「美味しいでしょ?!」なんて感じ。

ますます、タイが好きになりました。

 

そして、豊かな国際都市である!

 

f:id:mongolia28:20170427172838j:plain

GDPで考えるとタイは中進国だそうです。

ただ、バンコクの街を歩いた肌感覚で言うと、東京以上に国際都市な感じがしました。

モンゴルの首都も「なんだすごい都会じゃん!」と思っていましたが、いやいやまだまだでした。。

 

モンゴル人に「日本はどうしてそんなに発展することができたの?」と聞かれたことがあります。おそらく、多くの外国の人は「日本人は真面目で律儀で一生懸命だから、経済発展することができたんだ」と思っているでしょう。

しかし、日本の現代史を改めて紐解いてみると、日本の経済発展はただ単に運が良かったから、だと思ってしまいます。

そうした過去の経済成長の夢をずっと見続けた結果が、今の日本の状況でしょう。

 

タイの発展は、ただ単に運だけで来ているのでは無いような気がします。

以前タイに来た時よりも、明らかに発展しています。すごいスピードだなと驚きました。

f:id:mongolia28:20170427175636j:plain

もちろん、貧富の差はあるのでしょうが、不思議と悲壮感が無いところが、これからのタイのポテンシャルを感じさせるところです。

日本、モンゴル、タイと3カ国で比較すると色々なことが見えてくるような気がしました。