モンゴルってどんなとこ?

青年海外協力隊(JOCV)小学校教育での奮闘記

今年も終わるので活動をちょこっと振り返ってみる:授業編

去年に比べて、だいぶ授業に入っていないなぁ。
という印象。

でも、CP(カウンターパート)が身近な存在になり…
(昨年度はCPが校舎の3階の管理職部屋にこもっていて、会話をするのは年に数回だった。今年度は人事の関係なのかCPが担任の先生たちの職員室で仕事をすることが多くなった)
一緒に授業観察をして、授業後の協議会で色々言わせてもらっています。
CPと一緒に活動をしている感じで、やっとJICAのいう「CPと協働して活動」っぽくなってきました(笑

 

昨年度は、算数とかも授業をしていましたが、今年は理科に限定して授業を実施中です。学校側の要望としては、やはり理科の実験に関して実践事例が欲しいみたいです。

 

 

理科の授業

5年:影で太陽の位置を明確にする

という単元。

実はこの単元、昨年度も5年の先生に観察・実験方法を提案した授業でしたが、、
昨年度はこっちの意図があまり伝わらず、不完全燃焼な授業に。。

 

mongolia28.hatenablog.com

 

今回は、しっかりと観察結果を記録し、懐中電灯を太陽に見立てて実験をすることができました。

 

f:id:mongolia28:20171226145802j:plain

 

「記録した線と同じ影の長さになるように、懐中電灯を動かしてみよう」
懐中電灯の動きによって太陽の動きを理解することができました。

f:id:mongolia28:20171226145826j:plain

今回の授業は事前の観察が重要な単元でした。
観察の大切さを伝えられたかなあ。。

 

4年:影について調べよう

今度は同じ影でも、影の特性について勉強する単元。
これも去年提案した授業。でも今回は先生が実験をするのではなく、子供達が実験することが出来てよかったです。
 

mongolia28.hatenablog.com

 

影が出来るのは、どのようなものか?(ガラスは影が出来ない、プラスチックは薄く影ができる…etc)

また、一つのものから二つの影を作るための方法を考えたり、二つの影を動かしたり、大きくしたり小さくしたり…
といったことも実験しながら考える単元です。

f:id:mongolia28:20171226145934j:plain

 

この授業では、比較したり予想したりすることがし易い内容でした。
子供達も見通しをもちながら、実験をすることができたので問題解決型に近い授業だったのではないでしょうか。

f:id:mongolia28:20171226145943j:plain

ただし、家にある懐中電灯を持ってこさせたところ、LED電球が4個も5個もついているライトなどがあって影が沢山!!なんてことも…
やはり、適した道具で実験を行わないと正しい結果も得られませんよね。。
まぁ、それはそれで「何でそんなにたくさん影が出来ちゃったの?!」とふれば、また新たな学びになるので良いけれど。

5年:てこの規則性

モンゴルの教育課程は日本の教育課程をそっくりそのままコピーして作られた

なんて話を聞いたことがありますが、それをすごく実感する単元がこの「てこの規則性」

f:id:mongolia28:20171226171823j:plain

でもこの単元。実験よりも結果をどのように整理するかというデータの処理に関してが難しい単元。1回目は自分が授業をやり、その後は先生たちが授業をしたけれど、どうしても結果のまとめ方を理解していないから「難しい!!」という風になってしまう。

 

f:id:mongolia28:20171226172815j:plain

こういうところが授業は難しいなぁと感じます。
教科書に載っている通り実験をして、載っている通り結果を書いてもその結果を「どう見るか」(どう見せるか)という教科書に無い部分がどうしても必要になってきます。
それは、教科の授業研究の中で学んで行くことなんですが。「難しい!!」だから実験をやらないで、教え込む。にならず、「どうしたら子供達が結論を導き出せる授業になるか?」をもがいて研究していって欲しいと思います。

 

しかし、総じて本当に研究熱心な先生たちだと思います。
授業を観察している先生たちも「〜と子供達に発問してみたら?」「黒板に〜を描き加えないと授業が進まないわよ」と子供そっちのけで、指摘しまくってます(笑

算数のように「こう計算するのよ!わかった?!」という授業をしている中で「グループで話し合う時間を増やしましょう」「子供に予想を立てさせましょう」「予想を確かめる実験をさせましょう」「結論は子供達でまとめさせましょう」という、こっちの要望をもがきながらも頑張ってくれているという感じです。

残りの期間で、少しでも先生たちが理科の授業の改善ができる方法を考え貢献できたらなぁと思います。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

Photo『日の出前 有明の月』

「環境があなたをつくる。そして、あなたが環境をつくる」

ルフレッド・アドラー

 

f:id:mongolia28:20170207025545j:image

Үүр цайх:夜明け(有明)

芸術大会という、ひたすらに踊りを見る会

芸術大会

モンゴル語ではУрлагийн тэмцээн(オルラギーン テムツェーン)

 

本の学校で言えば、学芸会みたいな感じでしょうか。
「そういえば、去年もこんな会をやったなぁ」と、1年の時の流れを感じます。

 

mongolia28.hatenablog.com

 

f:id:mongolia28:20171211115918j:plain

 

今年も各クラス衣装に力を入れています。
この衣装は放課後、先生や保護者で作るそうです(手作り!!)

 

f:id:mongolia28:20171211120041j:plain

 

踊りの振り付けは、外部講師の振付師を呼び指導してもらうみたいです。

 

f:id:mongolia28:20171211120200j:plain

 

モンゴルには様々な民族がいます。パッと見わかりやすいのは、衣装。
それぞれの民族の衣装や音楽に合わせて踊ります。

 

f:id:mongolia28:20171211120333j:plain

 

出演時間は約5分ほど…

この5分のために、先生や保護者は夜中の2時近くまで衣装を作り…
子供達も毎日のように練習をして…
ほんと、そうしたエネルギーに脱帽です。

 

f:id:mongolia28:20171211120541j:plain

 

去年は時間がおして夜中までやっていたそうですが、今回は前回の反省を生かしてかなり時間が短くなっていました。
しかもテレビ局が来ていて「後で放送します」と!!
ん〜いろんな意味で改善されているというか、やることにいちいち驚きます。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

県内の研究授業へ

ある日「今日から、他の学校で理科の授業があるからアキも見に行こう!」と誘われ、クルマに乗ること15分ほど…

 

 

中心地から少し離れた場所にある町の学校に到着です。

f:id:mongolia28:20171201160315j:plain

学校の壁には「子供それぞれの特別な出会い」と書いてあります。

 

学年は5年生

単元は「可逆、不可逆な変化」という、なかなか謎の単元です。

f:id:mongolia28:20171201160631j:plain

例えば…

・水は氷になるし、氷は水になる。(可逆の変化)

・地表の水が蒸発して、雲になり、雨になり、また水になる。(可逆の変化)

・砂混じりの水は、ろ過すると砂と水に分けることができる。
 砂鉄を入れた水も、磁石を使って分けることができる。

・紙は燃やすともとに戻らない。(不可逆の変化)

 

今回の授業は「地表の水が蒸発して、雲になり、雨になり、また水になる」がテーマです。

「どうして雨は降るの?」というザックリとしていて、問題としては追究しにくいものに…

f:id:mongolia28:20171201161144j:plain

それでも、子供たちはそれぞれ考えつく考えを書いています。

 

 

その後、熱々の熱湯を瓶の中に入れてプラスチックの板で蓋をして観察

f:id:mongolia28:20171201161355j:plain

瓶の中の水蒸気が蓋に水滴となってついて、それが滴り落ちる様子を先生は見せたかったのでしょう。
しかし、子供たちはこの実験器具(?)と自然界の蒸発→凝縮の現象と結びつくのかが難しいところ。

 

こうした自然界の内容を扱う時に(日本でも)ありがちな、ビデオを見て答え合わせ。

f:id:mongolia28:20171201161649j:plain

はじめからビデオを見れば済む話をわざわざ実験したり、話し合ったり…
日本の授業でもよくあるけれども、これは全て答えありきの、知識を教える授業をやっているから。
しかし、この考え方は「学校とは?」「教師の仕事とは?」という価値観を根本的に変えないと変わりません。。

 

授業が終わると先生たちは3つの分科会に分かれて授業について協議します。

たしか…
1.授業の内容に関して 2.先生に関して 3.子供に関して

f:id:mongolia28:20171201162150j:plain

こうして、視点を絞って話すことは焦点化されていいと思いました。

 

その後、それぞれの分科会から1人代表で話した内容を発表します。

発表内容も的確で、チョイバルの先生たちのレベルの高さを感じました。

自分は管理職の席に座っていたのですが、いきなりの指名(汗
言いたいことは山ほどあるけれど、モンゴル語が…なので「後ほど」と濁す。
すると、他の管理職の先生が今日一番の鋭い意見を

「先生たちは、今日の授業で実験をしたと思いますか?あれは実験ではありません。観察です。実験とは自分の考えを確かめるために行います。その自分の考えがしっかり考えられていたでしょうか?そのための問題は、あれでよかったのでしょうか?そこまで考えなければならないのです…」

こうした考えを持っている人がいるならば、必ずモンゴルの理科は変わっていくだろうなと思いました。
また、自分が変なモンゴル語でお茶を濁さなくてよかったと心から思った瞬間でした(笑

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

図工クラブやってます

モンゴルの学校では、2部制(午前・午後に分かれて子供が登校してきて授業を行う)が多いですが、今の配属先は午前で授業が終わります。

午後は何をしているかというと、教室で個別指導をしたり、復習をしたりしているのですが…

 

本の学校でいうと、クラブ活動みたいな活動もやっています。

小学校の教頭先生から「図工クラブをやってみない?」と打診を受けて、渋々受けました。

というのも、全教科の中でも図工はイマイチ掴めていない教科で自信がなかったからです。

しかし、結果的には引き受けて良かったと思っています。

 

f:id:mongolia28:20171128141741j:plain

ついこの間、来蒙した1次隊の隊員の中に美術の先生がいたので、色々と図工のネタを教えてもらっています。
「なるほど!そうした発想かぁ!」
と、美術系の道を全く歩んでこなかった自分にとって、発想が豊かで(やっぱり芸術家は創造性が全然違うなぁ)と感心してしまいます。

 

図工クラブの子供達は、各クラスから5,6名希望者を募って始めました。でも、途中から「私もやりたい」と言って参加してきたり、気づいたら辞めていたりと人数は流動的です。

でも、「勉強ではないしクラブとして絵を描くことを楽しんでくれたらいいかぁ」という気持ちでクラブを運営していると、かなり気が楽です。

f:id:mongolia28:20171128142458j:plain

 

そうした心の余裕が出てくると、子供たちに対する絵も指導するというよりも「描きたいことをどんどん描こう」という声かけになりました。

今にして思えば、自分の(日本での)図工は「こんな作品を作らせる授業だから…」に縛られていて、子供の自由度が低かったように感じます。

描いていく中で生まれてくる発想、それを楽しみ表現していく。
そんなほんわかした時間がこの図工クラブの中には流れています。

 

f:id:mongolia28:20171128142959j:plain

 

同じテーマでも、色々な絵が出来上がったり、描いていく過程がそれぞれ違ったり…
自分は「この子はこんな子なのかな」と想像しながら、子供達の様子を観察しているだけで特に何もしていませんが(笑

図工という教科の新たな面白さを感じている日々です。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村