読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴルってどんなとこ?

青年海外協力隊(JOCV)小学校教育での奮闘記

子供達の想像力を解放せよ

チョイバルサン モンゴル 図工 小学校 授業 教育 1年目

1年生の図工の授業に入りました。

1年生は4クラスで、活動先の学校では唯一、午前と午後の二部制をとっている学年です。

 

久しぶりに1年生相手に授業をして

(あ〜1年生ってこんなにも、こっちの想像を超えた行動に出るんだっけぇ 汗)

とあたふたしましたが、それもそれで楽しかったです。

 

 

 

さて、今回の図工では「カラフルな魚を描こう!」というテーマです。

(図工が得意な訓練所の同期にアイディアをいただきました。ありがとう!!)

 

めあては

1.大きく描こう

2.色々な色を使おう

3.子供達の想像力を解放せよ

 

語学力が全然伸びない私にとって、黒板掲示はとても大事。

「これとこれを比べて何が違う?」「こういう風に描くといいね」等

視覚的に提示していきます。(ただ単に、言葉で説明できないだけなのですが 笑)

f:id:mongolia28:20170226153512j:plain

絵が下手くそなのはご愛嬌(笑
図工は、上手下手ではないのダァ!!

 

1.大きく描こう

子供に「紙の中いっぱいに大きく描こうね」と言っても、せいぜいリンゴくらいの大きさしか描きません。

「自分のが入るくらいの丸を描いてね」というと、自然と大きな丸を描くことができました。それでも円が描けない子は、そばに行って「手を紙においてごらん。ここからここまで、描くと入るかなぁ?」と線を一緒に引き始めてあげると意外と描くことができました。

f:id:mongolia28:20170226153454j:plain

 

丸を描いたあとは「ここに目を描いて、口を描いて…あれ?魚に見えてきたなぁ〜じゃあ、尻尾も描いて…」「本当だ!」と暗示誘導していきます。

 

2.色々な色を使おう

「自分の持っている色鉛筆の色を全部使って、色を塗っていこうね。同じ色が続かないといいよ〜」と言って、色を塗らせました。

黒板に貼ってある見本通りに塗ろうとするので、時々工夫をしている子供を取り上げて「こりゃぁすごいなぁ!!Гоё(ゴイ:格好いい)ねぇ!」と全体で共有しました。

f:id:mongolia28:20170226153433j:plain

 

子供一人一人が違う魚が完成しました。

何となく味がありますね〜

こういうところが図工の面白いところだなと思います。

f:id:mongolia28:20170226153504j:plain

 

 

3.子供達の想像力を解放せよ

日本で働いている時に同僚が「図工は子供の内面を見て取ることができる」と言っていたけど、本当にそう思います。

・色を丁寧に最後まで塗り終える子

・塗り方も丁寧、大雑把…etc

・模様をつける子

・黙々と作業する子、周りの友達の塗り方が気になる子、飽きて教室の後ろでモンゴル相撲を始める子(笑

 

図工は子供たちに任せる部分が大きいので、その分子供達の様子がよく分かるんだと思います。

f:id:mongolia28:20170226153645j:plain

そこで、やっぱり気になったのは「自分に自信がない子」

今回入った4クラスで、主観的な印象では5割位の子供たちが描いている絵を見に行くと隠します。また、(1年生特有のものもありますが)「これで合ってますか?」「間違ってますか?」正解を求めてくる。

「大丈夫だよ」「大きく描けてるね」「カラフルだね」「かっこいいね」と一人一人声を掛けていきながら、様子を見ていきました。

f:id:mongolia28:20170226153640j:plain

「大人になるって自分のできないことを自覚していくこと」なんて言葉をどこかで聞いた気がするけど、子供のうちに「私はこれができない」ってレッテルを自分で貼ってしまうのって、すごく寂しい気がしました。

学校をそのような子供の可能性を潰す場にしてはいけないな〜と改めて感じました。

自由でのびのびとしていていいんじゃないか。むしろ、子供はそういう存在で、無理に矯正していく学校としての存在は、はるか遠くの昔に終わっているのでは?

などと、子供達の様子から色々と考えてしまった図工の時間でした。